2012年11月14日

    鹿害(ろくがい)が出るなら公園の鹿は駆除した方が良いと思います。

    私は、森林科学科という学科にいたので、獣害の話題にも触れることが多かったです。例えば、それは、森林とか、田畑のことが多かったのですが。

    奈良の奈良公園の鹿が、近隣住民に害を与えていて・・・という以下の記事を読みました。

    このシカ、実は野生動物という扱いで、公園に囲いはない。園内のシカ約1000頭は、近鉄奈良駅付近〜春日山一帯を自由に行き来し、奈良市街地で、シカに遭遇することは珍しくない。 そのため、これまでも「鹿害」(ろくがい)と呼ばれる、シカによる被害は出ていた。
    「奈良公園のシカ、殺さないで!」 奈良県庁に苦情100件以上、食害対策は凍結 (J-CASTニュース) - Yahoo!ニュース

    ニュースは、駆除しようとする県に、苦情がきて、計画が凍結・・・ということなのですが・・・。

    実際に、被害が出ている住民は、たまったもんじゃあないだろうな?と思いました。鹿を全部、駆除すると、大問題かも知れませんが、頭数管理というのは、人と動物が関わる中で、絶対に、必要となってくると思いますが。

    動物愛護の精神が、悪い方に働いている良い例だと思いますが。例えば、『農』的に考えたら、駆除した鹿も、美味しく食べれば、それは、一つ、人と動物の関わりの中で、大事だと思いますが。

    私が、計画に反対するなら、駆除した鹿を食べる・・・までが、計画に入ってなかった時でしょうか。勿論、それでも、「そう思う」だけで、実際に、被害にあっている近隣の住民の人々の気持ちが、最優先だと思いますが。


    スポンサーリンク
    posted by 林学で大学院でた野武士。 at 08:46 | Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    鹿対策に狼の導入 参照 http://japan-wolf.org/content/faq/
    Posted by 名無し at 2013年01月31日 11:32
    コメントを書く
    お名前:

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント:

    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。